• トップページ
  • 大分の探偵興信所調査にイッシン大分が選ばれる理由
  • 探偵興信所、調査のイッシン大分に良く寄せられる質問と回答集
  • 探偵興信所、調査のイッシン大分の調査料金案内
  • 探偵興信所、調査のイッシン大分の調査項目
  • 探偵興信所、調査のイッシン大分の調査の流れ
  • 探偵興信所、調査のイッシン大分会社案内

探偵興信所イッシン大分TOP > 最新情報 詳細

最新情報 詳細

増加続く高齢者虐待 同居家族から、が8割

[2009.11.30]

県は、2008年度中に市町村に寄せられた「高齢者虐待に関する相談」をまとめた。相談・通報の総件数は212件で、このうち市町村が事実確認をして虐待と判断したのは144件。前年度と比べ相談・通報が14件、虐待が10件増加。高齢者虐待の防止に関する法律の施行に伴い、国が調査を始めた06年度以降、虐待件数は増加を続けている。

 虐待には、身体的、心理的、性的、経済的、介護を放棄するネグレクトがある。最も多かったのは、殴る、ける、つねる―などの暴力を加える身体的虐待で69件。次いで「生活費を渡さない」などの経済的虐待が52件、心理的虐待が50件、ネグレクトが33件(複数回答)となっている。
 1人が複数の家族などから虐待を受けたケースもあり、虐待した側から見た件数は150件になる。その約8割は息子(55件)や娘(31件)など同居家族からだった。
 高齢者の保護を目的に、市町村が家族と分離したのは59件。医療機関への一時入院(17件)や介護保険サービスの利用(13件)などで分離した。福祉施設へ措置入所し、面会を制限したケースが5件あった。
 虐待は介護の疲れやストレスが原因となって起きることがある。介護保険サービスの利用は介護者の負担軽減につながるが、55人がサービスの利用に必要な「要介護認定」を受けていなかった。また、認定を受けていた81人のうち44人に認知症の症状があった。
 相談や通報をしたのは、介護支援専門員(ケアマネジャー)・介護保険事業所職員が40・1%と最も多く、次いで家族・親族(18・9%)、高齢者本人(15・6%)。民生委員児童委員や近隣住民などもいた。
 県は「虐待の多くは家庭内で起きているため、外部から発見、改善するのは難しいが、異変に気付いたら早い段階で市町村や地域包括支援センターに連絡してほしい」と話している。(大分合同新聞)

コメント:当社でもDVの相談は後を絶たず、大変心が痛みます。「毎日がつらくて仕方がない」という方は、是非、勇気を出してご相談下さい。当社がお客様の目、耳、手、足、となって必ず、事実を証明致します。

最新情報一覧に戻る

line contact
Eメール:t-o-research@m8.gyao.ne.jp
※メールにてお急ぎの方はコチラ

どうぞお気軽にご相談下さい。
調査には絶対の自信があります!

ホームページからのお問合せ窓口も準備しています。以下のボタンをクリックしてください。
探偵興信所調査のことなら何でもお気軽にご相談下さい
大分の探偵興信所イッシン大分の思い
長年の業暦から培われた確かな調査ノウハウと実績で社会・人に貢献します。お客様、強いては弁護士からも認められているイッシン大分をご案内します。